セラピードッグとして身近に置きたい方におすすめ

高齢者施設等で一緒に住めなくなってもペットが持てるしくみ

もっと犬とふれあいたい。自分の犬として可愛がりたい。施設入居で諦めていた願いを叶えられます。

段階別の関わり方
自宅で元気(同居)
ご自身と一緒にいられる。
または
病院に入院など(同居)
一時預かり・期間預かりを財団が手配します。
施設入居(別居)

(サービス付き高齢者専用住宅/介護付有料老人ホーム/老健/特養)

財団が管理監督し、犬の世話がなされます。希望によりセラピー犬との面会が可能。
逝去後
財団が引き続きあなたの代わりに愛犬の面倒を最後まで責任。
プランBは愛犬の状態により老犬ホーム対応が必要になった場合、プランAに引き継ぎ移行します。
・信託金の額はご相談をお受けした後に飼い主様のご事情やご希望、愛犬の状態(年齢・犬種・品種・性格)等により変わりますので、その方に合わせて決めます。
・愛犬の死後の作業終了後、信託財産の残金については、ご本人の希望(帰属先)を契約書に明記します。
・飼い主が死亡し財団の管理下になったとしても、そのセラピードッグがまだ若く活躍できる状態の時は、新たな里親探し、もしくはその子に合った活躍方法等を検討します。

契約と料金について

  • 管理委託契約/公正証書
    あなたの代わりに愛犬を見守る役目を最後まで財団が行います。
  • 飼育委託契約/三者契約
    あなたの代わりにアニマルセラピー協会が飼育を請負います。
  • 金銭信託契約
    あなたの代わりにペットにかかる費用を預かり、支払業務を行います。
  • 初期設定費用
    上記3契約のセットアップを行う。
    ※犬の年齢、犬種、大きさにより費用が異なりますので、個別お打ち合わせにてお見積もりさせていただきます。